薬用石鹸と普通の石鹸で殺菌の効果は違うのか

汚れた時以外にも、感染症予防のために手を洗うことがあります。その際、石鹸を使用する方も多いですが、石鹸で殺菌ができているかどうか、気になる方もいるかもしれません。

薬用石鹸なるものも販売されているので、普段使用する石鹸では、殺菌は不可能なイメージを持つのも無理の無いことです。ですが、一般的な石鹸でも菌を洗い流して取り除くことは可能で、逆に、雑な洗い方では、いくら殺菌成分の入った石鹸であっても、その効果は激減します。

花王の研究所の実験では、一般的な石鹸では95%、殺菌成分の入った石鹸では98%の除菌が認められ、数字を見ても大差が無いことから、要は正しく洗えているかどうかが肝心だったのです。

では、正しい洗い方はと言うと、指輪や腕時計などを身につけている場合は外して、石鹸をよく泡立てて洗います。この時、指の間や手のひらのシワ、爪と指の間や手首まで洗うのが重要です。そして、洗い終わったら流水で石鹸が残らないように、しっかりと洗い流します。

手洗いは普段から1日に何度も行うものですから、時間が無い時などは面倒ですが、殺菌成分にこだわらず、普通の石鹸で丁寧に洗えば、菌を防ぐことは可能です。

なお、殺菌効果をうたった薬用石鹸の成分には、化学物質であるトリクロサンなどの化学物質が含まれていることもあり、このような成分が配合されている石鹸を使用し続けると、耐性菌の発生や人体への悪影響などのデメリットがあります。

トリクロサンやトリクロカルバンは、アメリカの食品医薬品局では使用を禁じられているものですので、使用を控える方が良いかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする